日本アルキルアルミ株式会社トップへ

 

 

日本アルキルアルミは高品質のアルキルアルミを安全・安定的にご供給します。ポリエチレン・ポリプロピレン等のポリオレフィン、合成ゴムの重合に欠かせない触媒アルキルアルミニウム化合物を全てラインアップ。また、医薬品合成用の還元剤及び不斉合成用触媒原料・電子情報材料用原料として重要な各種有機金属化合物もラインアップしています。

日本アルキルアルミは高品質のアルキルアルミを安全・安定的にご供給します。ポリエチレン・ポリプロピレン等のポリオレフィン、合成ゴムの重合に欠かせない触媒アルキルアルミニウム化合物を全てラインアップ。また、医薬品合成用の還元剤及び不斉合成用触媒原料・電子情報材料用原料として重要な各種有機金属化合物もラインアップしています。

東京本社販売部に聞くアルキルアルミの魅力

--まずアルキルアルミの魅力について教えてください。

坂本--自然発火性で危険ではありますが、生活に欠かせないものであり、かつ使われ方も、医薬や半導体などにも広がってきています。「怖くて危険で、しかし貴重なもの」という辺りが魅力ですね。

--アルキルアルミ販売は、一般製品とどのように違うのでしょうか?

坂本--アルキルアルミは、消防法上の危険物に当たりますので、倉庫に積んでおいて出荷というようにはいきません。お客様が必要とされる数量を、
安全にお届けする輸送にはルートの申請なども必要な場合もあります。
ルートやスケジュールを綿密に組んで導入いただくことと、サポートが大切と考えております。安全のため、導入時には、立会わせていただくようにしています。私達も輸送や製品についての勉強は日々欠かせないんです。

--安全のために一番守らなければならないのはどんなことですか?

竿下--「漏らさない」ということはもちろんですが、作業中に疑問を持ったところで、まず「作業を中断し、報・連・相をする」ことですね。誤操作を防止するために。疑問を放置したまま作業をすると、事故を起こす可能性があります。小さな疑問(ミス)で気が付けば事故は最小限に抑えられますが、小さな疑問(ミス)を積み重ね(素通り)していくと問題は大きくなり、最終的には大きな事故に繋がります。疑問を放置しないことが大切です。

坂本--「まさかで仕事をするな」、「もしかで仕事をしろ」という言葉を今でも
大切にしています。

--アルキルアルミは溶剤で希釈できますか?

坂本--できます。ただし特殊なものですので、取り扱いなど私どもにお問い合わせいただきたいと思います。

--製品開発となると長い期間パートナーとしてお仕事をされていくと思うのですが?

坂本--そうですね、一番長いお客様ですと弊社創業(1970年)以来ですから42年(取材時)になります。合成ゴム関係様や、ポリオフィレン関係様等、
石油化学メーカー様にご利用いただいています。お客様の購買ご担当者様はもちろんですが、特殊なものなので、工場の担当者の方ともコミュニケーションを密にとることも重要と考えています。

--研究開発となると秘密保持なども重要になると思いますが、どのようなプロセスを踏むのでしょうか?

坂本--具体的な話になりますが、ある程度どのようなものをお考えかお話いただき、弊社で技術部門と連携し、どのようなサポートが可能か打ち合わさせていただきたいと思います。秘密保持をお約束しながら、研究開発に集中いただけるサポートをさせていただきたいと思います。

--これからパートナーとなられるお客様にメッセージをおねがいします。

坂本--品質と安全に自信を持ってお届けできます。数量に係わらず、安全最優先でサポートします。どちらからでも、お問い合わせください。

竿下--危険なものなので、その導入においても完全なサポートで安全安定供給できますので、私どもにお任せください。取り扱いから、容器、充填、出荷なんでも聞いてください。現場の方のニーズに答えます。なにかあったらすぐ行きます!


【略歴】

坂本賢一(販売部 課長)
さかもとけんいち

三井化学PP出身
1995年12月大阪工場
96年5月本社営業部配属(現販売部)

山口県岩国市出身
広島との県境で、錦帯橋・白蛇(幸運を呼びます)などが有名です。

また日本酒もこよなく愛します。地元の日本酒は、黒松(日本酒)・五橋・獺祭(だっさい)があり、どれも一級品。

趣味は
版画・風景画(水彩)

竿下元太郎(販売部)
さおしたげんたろう

大阪泉州地区出身
水茄子とたまねぎが有名で、10月にはだんじり祭りが開かれます。

2002年入社大阪工場
技術開発研究実験(ファイン製品)
充填・出荷業務を担当を経て2012年2月本社販売部へ異動

釣りが趣味で、バスフィッシングや海釣りなども

工場又アルキルアルミの取り扱いを熟知し、満を持して販売部へ。現場の方の身になってアルキルアルミを届けて行きたいとのこと。

   

 

 

 

 

 
 
高品質のアルキルアルミを世界のリーディングカンパニーへ安定供給-日本アルキルアルミ株式会社